• OVAL JAPAN

【OBOG会開催報告】

5月22日(日)に銀座のパーティ会場にてOBOG会が開催されました!

今回はその様子をお伝えします。



2年ぶりの対面OBOG会

OVAL JAPANの任期は最長でも1年半のため1期上の先輩と一緒に活動する時間は限られてしまいますが、卒業後もOVALを気にかけてくださる皆様のお力もあり代を超えた交流が続いています。


今回は一昨年OVALを卒業された方々から2013年のIBC(*1)参加者の方までのべ19名の様先輩方にお越しいただきました。


コロナ禍の影響で対面でのOBOG会は久しぶりの開催でしたが、賑やかで和気藹々とした2時間でした!


今回はOVAL22・23(*2)のPG局員を中心とするOBOG会レス(*3)が中心となり、OB・OGの皆様へのアナウンスや当日の流れまで全ての企画を担当してくれました。


OVAL JAPAN現代表の川上による開会挨拶で幕開き


局ごとのブレイクアウト後は、立食形式で食事を楽しんだり過去のIBCのお話を伺ったりと交流を楽しませていただきました。


*1 IBC:International Business Contestの略。OVALが運営する国際ビジネスコンテストのこと。

*2 OVALでは2022年の執行代を22、2023年の執行代を23と呼ぶ。

*3 レス:特定の目標達成やイベント開催のために局を超えて集まった責任者



講演会

OBOG会の中盤には、人生の先輩でもある3人のOB・OGの方々から貴重なお話を伺いました。


<北爪聖也様>[IBC2013参加者・株式会社pipon 代表取締役]

学生時代打ち込んだ活動や就活軸、現在手がけていらっしゃる事業などご自身のキャリアのお話からOVALerを勇気づけるようなメッセージをいただきました。講演後には私たちの疑問や将来への不安なども親身になって聞いてくださり、的確なアドバイスをくださいました。




<ユセイギ様>[19代 CASE局・外資系投資銀行勤務]

「学生時代にOVALに入ることができて本当によかった」とお話ししてくださったユセイギ様。多様な価値観やバックグラウンドをもつ人々と出会い、中国・韓国の学生たちと協働したことで、他人を理解する力が深まりOVALで学んだことが社会人生活の今にも生きているとのことでした。



<所澤悠様>[20代 HR・DE局・政府機関勤務]

ご自身の生い立ちや転機、就活を終えて感じたことなど講演会のためになんとスライドを用意してきてくださいました!!

「好きなことを仕事にすることを怖がる必要はない」という言葉は就職活動を控えている22・23代の心に強く響いたのではないでしょうか。



御三方の講演に加え、現役OVALerは皆それぞれ積極的に先輩方のもとを訪れお話を伺ったことで、大変刺激を受けたようです。普段なかなか関わることが難しい社会人の方や就活を終えた先輩方と直接お話しできる貴重な機会となりました。


今回お忙しい中足をお運びくださったOBOGの皆様、本当にありがとうございました。

今後ともOVALとの関わりを続けていただけますと幸いです。

そして素敵な会を企画してくれたレスのみんな、お疲れ様でした!!!