• OVAL JAPAN

Staff Interview⑫愛すべきこの場所で

最終更新: 10月10日


OVAL JAPAN2020後期プログラム局(PG局)局長の熊谷眞希が語る、OVAL JAPANとPG局員のギャップと魅力とは?

皆さまこんにちは、OVAL JAPAN(以下OVAL)学生対応局局長の陳です。

いよいよOVALで秋新歓が本格的に始動しました!!

単独説明会の日程は、10月8日19:30~、11日17:00~、15日19:30~となっております。

当記事の最後に説明会への申込フォームを掲載いたしますので、ぜひご記入ください。

さて、今回ご紹介するのは、秋新歓で説明会の企画・司会進行を担当しているプログラム局の新局長です!

歴代プログラム局局長の紹介記事も、以下のリンクからぜひご覧ください。

Staff Interview⑦自分だけが持つものを探して、未知の世界へ飛び込め

Staff Interview⑩ここで出会えた仲間たちと、これから先もずっと


プログラム局についてはこちらをご覧ください。



プロフィール

名前:熊谷眞希(くまがい・まき)

国籍:日本

大学:慶應義塾大学

所属:プログラム局

入会時期:2019年9月秋新歓

陳:春新歓のスタッフインタビュー連載は読んでくれていた?

熊谷:読んでいました。みんなかっこいいこと言っているな、こんなこと考えていたんだな、と新発見がありました。でも、みんないつもはただの大学生のノリで生きているので、新入生はOVALに入ったら想像と実態のギャップにびっくりしてしまうかもな、と感じていました。

陳:確かに、今年の春新歓で入ってきた子たちから話を聞くと、「もっとお堅い団体だと思っていた」とか、「意外と和気あいあいとした団体で安心した」とか、ギャップを感じたという意見が多かったかもしれない。

さて、まきが今回PG局(プログラム局)局長になった経緯を教えてくれる?

熊谷:春新歓からPG局長を務めていたとしやが、総務局に入ってPG局の所属ではなくなったため、新しい局長が必要になったからです。

陳:としやが総務局に入る前から、PG局長になりたいという気持ちはあったの?

熊谷:いいえ、「局長」という役職に対してそれまで深く考えたことはなかったです。でも、としやと話し合いを重ね、結局二つの理由から局長を引き受けることになりました。一つは、自分が局長にならなければ、後輩の誰かに局長を任せることになるという状況です。先輩ばかりの幹部陣に、一人で放り込まれることになる後輩が気がかりでした。もう一つは、PG局の後輩たちと関わるうちに、PG局のことがさらに好きになったからです。


PG局の後輩たちと。右端が熊谷

陳:いい後輩に恵まれたんだね。

熊谷:はい、一緒に活動するうちに、新歓の時に受けた印象と違う一面が見えてきています。ガーリーな感じだと思っていた子が実はさばさばしてたり、おとなしそうな子がとても騒がしかったり、大人っぽいお姉さんだと思っていた子がド天然だったり、みんなの本当の性格が見えてきて、ますますPG局員が大好きになりました。

陳:そんなPG局でこれから局長として活動していくわけだね。局の運営方針は決まってる?

熊谷:とにかく後輩が主体性を持ってのびのび活動できるように、後輩たちの意見を最大限に尊重しながらやっていきたいです。局の中では、例えば意見を出し合う時、局長の意見というだけで他の局員に意見より正しく聞こえてしまいます。そんな時には黙って後輩たちの声に耳を傾けることに集中する必要があると思います。また、タスクをこなす上で、非効率な作業で手間取ったり、失敗して反省したりするのも大切な経験の1つです。二度手間にならないようにと先回りしてアドバイスを与えるとこも、できるだけ慎みたいと考えています。

陳:なるほど。私も一局長としてその姿勢を見習いたいです。今から本格的に秋新歓が始まるけど、どんな人にPGに来てほしい?

熊谷:本当に、どんな人でもいいと思います。PG局はその場を盛り上げる仕事が多いので、いわゆる「陽キャ」でないとだめ、明るくないとだめだと思われがちです。でもしっかりと落ち着いた人も必要ですから、「陽キャ」でない人もぜひPG局に入ることを検討してほしいです。OVALでもPG局でも多様性が重視されています。ここが、今まで交り合ったことのない人と交わることのできる場所であり続けるためにも、自分と違う人との交流を拒まない人に来てほしいですね。


最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回はデザイン局の新局長をご紹介いたします。


JAPANでは、現在新スタッフを大募集中です。

ご興味のある方はこちらから説明会の参加申込をしていただきますようお願いいたします。


説明会後半では、熊谷の所属するプログラム局と、私が所属している学生対応局が合同で質問対応を行っております。皆さまのご参加をお待ちしております!!

OVAL JAPAN

Our Vision For Asian Leadership

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram