• OVAL JAPAN

YEC 運営メンバーインタビュー

最終更新: 8月23日



近年は国内外を問わず、数多くのビジネスコンテストが開催されています。

そのため、「どのビジネスコンテストに参加するべきか分からない」と迷っている方もいることでしょう。


今回は2020年9月に開催する英語ビジネスコンテストの Young Entrepreneur Challenge (YEC) について詳しくご紹介するために、YECの運営メンバーである大下さんにインタビューを実施しました。




YECの特徴とは

YECとは?


YECYouth Entrepreneur Challengeの略称であり、

OVAL JAPANが新たな試みとしてオンライン×英語で行うビジネスコンテストです。


コンセプト:

「今だ、羽ばたけ」日本から世界へ

オンラインだからこそ、距離や経済的理由に関係なく参加可能


YECでは国内外の大学・大学院からトップレベルの学生を集客し、3名で1チームを組み本格的なビジネスプランニングを練ります。さらにビジネスの第一線で活躍されている社会人の方からのアドバイスを通し、最終的にプレゼンで順位を競います。コロナ禍によりなかなか活動できていない学生にとって、異文化との接触による新たな自己の発見や、国を越えた協働体験及び友情を得られる貴重な経験となるでしょう。優勝チームには10万円の賞金が贈呈されます。


YEC の特徴

参加費無料
オンライン開催
ビジコン初心者歓迎
賞金10万円
国際性豊かな環境
3日間の本格的なビジネスコンテスト
社会人メンターとともにプランをブラッシュアップ




※OVAL JAPAN はOVAL CHINA, OVAL KOREAと共に2006年より東アジア最大規模の国際ビジネスコンテストであるIBC(International Business Contest)を開催してきました。毎年、各国から選抜された優秀な学生たち30名が、3人の国籍混合チームを組み、英語でビジネスプランをプレゼンします。さらに専門コンサルタントの方々によるコンサルティングタイムや、実際にフィールド調査を行う機会を設けており、参加者の方々にとって実りある体験を提供します。



YECの流れ

開催日程:9月18日(金)から9月20日(日)の三日間




ビジネスコンテスト参加者へのサポート

メンターによるサポート


様々な企業から経験豊富な社会人の方々がメンターとして参加者をバックアップ致します。

ビジネスプランが脇道に逸れてないか?、プランをより良くするには?、と参加者が煮詰まったときに抜け出す助けを社会人の観点から教えて頂き、参加者と共にアイデアをブラッシュアップしていきます。


HR(学生対応局)を含むOVAL JAPAN によるサポート


語学に堪能で、IBC(例年開催している国際ビジネスコンテスト)参加者のフォローをしているHR(学生対応局)局員や参加者が質の高いビジネスプラン作成をできるような資料作りや勉強会開催を行っているCase局員など、各局が一丸となって参加者のみなさまをサポートいたします。


H

選考基準

詳細については公開しておりませんが、以下の二つを参考にしてみてください。


・ビジネスプランの論理性
・英語での意思疎通能力

選考は厳格すぎるものではないので、基本的に自分の考えを英語で伝えて行こうとする気持ちさえあれば、ぜひ参加してください!


応募方法など

初回の説明会には国内外の大学から多くの方々に参加いただきました。以下の日程で残り二回開催いたしますので、応募フォームより参加応募お待ちしております。


説明会ではYECの概要や詳細情報に関する説明に加えて、質疑応答の時間も設けております。



8月24日(月)19:00-20:00




第一回説明会の様子


最後に

ビジネス・起業の初心者の方にも参加しやすくなっております。

皆さんのエネルギーをぶつけてほしいです。



YEC関連SNS一覧

最新情報の発信とお問い合わせはこちら。


YEC 日本語版 Twitter


YEC English Twitter


YEC Instagram


OVAL JAPAN LINE ↓


OVAL JAPAN

Our Vision For Asian Leadership

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram